セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)効果なし?3ヶ月目の口コミ

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)を使って3ヶ月目の口コミです。

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)は効果ない!続かない!という口コミが多くありますが、実際のところどうでしょうか?

我が家の場合は、3ヶ月間ほぼ毎日続けることができて、効果も実感できているのですが、それにはコツ・ポイントがあることに気付きました。

そこで、セブンプラスバイリンガルを毎日続けて効果を感じる方法をまとめてみました。長女・次女が3ヶ月間続けて、どのような効果を感じているかも、詳しく書いていきたいと思います。

セブンプラスバイリンガルは、全額返金保証付き!
本当に効果がなければ、返金してもらえば良いのです!!
↓ ↓ ↓ ↓

セブンプラスバイリンガルの口コミと返金について

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)とは?

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)とは、幼児~小学生向けの七田式の英語教材で、「あなたのお子さんがたった35日で英語を話し始める方法 」になります。

CDのみ15枚のシンプルなセット内容で、1日あたりの学習時間は7分。非常に簡単に続けやすいものです。

もちろん、早く効果を実感したい方や子供がもっと英語を聞きたがった場合は、1日30分、1時間と聴かせてあげるとより効果的です。

セブンプラスバイリンガルは4部門で1位

セブンプラスバイリンガルは、4部門で1位を獲得するほどの評判の良い英語教材です。

教材ランキング
学び・サービスランキング
英語ランキング
通信講座・通学講座・教材ランキング

これだけ評判が良く、買い切りで低単価の英語学習教材は、セブンプラスバイリンガルくらいではないでしょうか。

セブンプラスバイリンガルは幼児期からのスタート推奨

セブンプラスバイリンガルは、幼児・小学生向けの自宅でできる英語学習教材ですが、特に、スタート年齢は決められていません。

ただ、6歳以下の幼児は「語学の天才」と呼ばれていて、【バイリンガル・スイッチ】が入りやすいのです。そのため、幼児期の早い時期からのスタートが推奨されています。

とはいっても、我が家の長女は6歳になる直前に初めて、今は小学1年生。それでも十分に効果を実感できていますし、3歳の次女よりも理解度は高いです。

なので、幼児期からスタートしても、小学高学年まで長く使える英語学習教材ですし、小学生からのスタートでも十分に効果を実感できます。人によっては、セブンプラスバイリンガルを妊婦時期に胎教として利用し始める方もいます。

セブンプラスバイリンガルを購入しようか検討しているならば、少しでも早い時期、今すぐスタートした方が良いです。というのは、セブンプラスバイリンガルには、60日全額返金保証がついているので、気軽にお試しできてしまうのです。

↓効果がなければ返金。セブンプラスバイリンガルをスタートしよう!↓
セブンプラスバイリンガルの口コミや中身をコチラの記事で大公開中!

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)3ヶ月目の口コミ

我が家の姉妹のセブンプラスバイリンガルを3ヶ月続けた口コミです。

長女6歳、次女3歳。
毎日の習慣としては、長女の家庭学習の中に組み入れてやっているので、次女はついで感がやや強いです。ただ、もともと、次女は長女がやっていることを真似をするのが大好きなので、長女につられて次女も効果が出ている感じがあります。

では、姉妹それぞれのセブンプラスバイリンガル3ヶ月目の効果です。

長女の3ヶ月目の効果

長女は35日分のCDの3回目に入るところで、言いづらい単語はあるものの、35日分一通り言えるようにはなっています。ほぼ暗記しているものもあります。

元々、英語に興味を持っている長女ですが、今は、「英語を話すが楽しい!」「もっと英語を話せるようになりたい!」という気持ちが大きくなっています。

その根源にあるのは、「来年、英語留学をする!」という目標ができたからだと思います。仲良しのお友達が今年の夏休みに、ハワイに親子で英語留学に行くそうなのです。今は、親子留学が流行っていますよね。

そこで、我が家も、来年の夏を目標に、親子留学の計画を立てているところです。

長女は海外旅行が大好きなので、また海外に行けること、しかも、英語を海外に習いに行けることが非常に楽しみなようです。

やはり、何かしらの具体的な目標があると、子供の学習意欲や伸び(効果)が全然違いますね。

次女の3ヶ月目の効果

次女は、長女程の効果はまだ感じられませんが、英語というものをしっかりと認識して、「英語やりたい!」「英語聞きたい」と言ったりします。

基本的には、長女と一緒にCDを聴かせているのですが、次女一人の時には、1枚目のCDを聞きたがることが多いので聴かせてあげることもあります。次女なりに、1日目の内容を言えるようにしよう、と努力しているのが見て分かります。

まだ3歳なので、無理強いはせずに、ゆるい感じで英語教育をしている最中ですが、セブンプラスバイリンガルを始めて3ヶ月で、小さいながらも、「英語を話してみよう」と前向きに頑張っている姿はとても微笑ましいですし、たくましくも見えます。

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)効果なしの口コミ


我が家の姉妹に限っては、セブンプラスバイリンガルの効果をしっかりと感じているところですが、ネット上の口コミなどを見ていると「効果なし」と書いている人が意外といるのです。そこで、セブンプラスバイリンガルは効果なし!という口コミをとにかくたくさん見てみました。もしかすると、全部見たかもしれません。

すると、セブンプラスバイリンガルは効果なしと思う口コミには、いくつかの共通点があることが分かりましたので、それぞれについて私なりに分析してみました。

同じことの繰り返し

セブンプラスバイリンガルは、35日分の文章がありますが、1日分には過去3日分の復習が入っているので、毎日同じようなものを聴いているように感じるのです。

だから、「毎日同じことの繰り返しで意味があるの?」と思いがちなんですよね。

でも実際は、この35日分にぎっしりと重要なセンテンスが詰め込まれているので、すべてを暗記するほどに聴かせることが大切なのです。しかも、七田式英語のセブンプラスバイリンガルでは、英語を丸暗記させるのではなく、完全記憶させる、とうたっています。

そのため、セブンプラスバイリンガルを何度も何度も聴いて体に染みつくほどになると、自然と口から英語が出てくるようになるんですよね。

けれど、そこまでになるには、やっぱり時間がかかります。

同じことの繰り返しだから効果がないのではなく、効果を感じるほど続けられていないから駄目なんですよね。

35日間でバイリンガルになれる訳ない

セブンプラスバイリンガルは「35日間で、英語を話した」とキャッチフレーズがあるのと、商品名に「バイリンガル」が入っているので、ついつい、「35日後にはバイリンガルになっている」なんてとてつもない期待をしがちなんですよね。

でも、そんなことはあり得ませんよね…。

35日間でバイリンガルになんてなれる訳ありません!本当に35日間でバイリンガルになれるなら、もっと多くの人が買っているし、バイリンガルも増えていますよね。

けれども、セブンプラスバイリンガルをしっかりと毎日35日間続行けていれば、英語を話すようにはなりますし、将来的にバイリンガルになる可能性は十分にあると感じます。

セブンプラスバイリンガルは、後々バイリンガルになれる基礎を徹底的に作り上げる英語教材だと思います。だからこそ、毎日毎日続けないと効果は感じられないのです。

3倍速って意味あるの?

セブンプラスバイリンガルの特徴でもある「3倍速」。初めて聞いた時には、ほとんどの人がビックリしますよね。

3倍速に合わせてリピートなんてできないし、実際にこんなに速いスピード話すこともないし、何の効果もないじゃない。しかも、子供たちは笑ってしまったり、言葉にならない声でふざけながら真似したりするだけだし。

そんな風に、3倍速なんて意味があるの?効果ないでしょ?と思いがち。

でも、このセブンプラスバイリンガルの3倍速はきちんとした意味があるのです。3倍速で聴いて、脳にインプットすることで、通常スピードの英語が少しゆっくり聴こえて、分かりやすくなるようになるのです。

これは、我が家の姉妹を見ていても分かります。初めは、全然聴き取れていなかった英文も、徐々に聴き取れて真似できるようになっています。

子供が聴いてくれない、興味を持たない

セブンプラスバイリンガルは、幼児~小学生を対象にした英語教育教材です。

CDというシンプルな内容なのですが、「子供が聴いてくれない」「子供が興味を持たない」という口コミも多いです。

その一番の原因は、セブンプラスバイリンガルのCDをかけるだけで子供を放置しているのです。

私もついつい家事がたまっている時などは、「ちょっと聴いていて」と再生を押して他の部屋に行ってしまったりします。非常に前向きに取り組める時には、姉妹2人で一生懸命CDを聞いてリピートしていたりしますが、そうではない時には全然違うことをやっています。

幼児や小学低学年の子ですから、子供だけでセブンプラスバイリンガルのCDを聴いてリピートして、英語を話すようになる、なんてことはないと思います。

やはり、セブンプラスバイリンガルは親が一緒に取り組むことが大事。私は、セブンプラスバイリンガルで自分の英語力も高めようと企んでもいますので、私自身が一生懸命聴いてリピートしている時こそ、娘たちも真剣に取り組みます。

英語自体に興味を持たない

英語自体に興味を持ってくれなくて、セブンプラスバイリンガルのCDをかけるだけで「やめて!」と怒る、という口コミもありました。

難しいですね。
親が英語を話せるようになって欲しい、と願ってセブンプラスバイリンガルを購入しても、子供が英語自体を拒否してしまっては元も子もありません。

けれども、一方的に押し付けても駄目だと思うのです。

しかも、子供が嫌がっているのに無理矢理やらせるというのは非常に危険だと思います。<英語=嫌なもの>と子供の中でインプットされてしまっては大変。

ですから、いきなりセブンプラスバイリンガルの1日分を聴かせるのではなく、まずはおもちゃで遊んでいる時やおやつを食べている時などに、セブンプラスバイリンガルの聞き流しCDをかけて、耳を慣れさせることから始めてみると良いかもしれません。

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)は1日7分でOK!


何かを毎日続けるというのは、意外と簡単です。

我が家は、塾などには一切行かせずに家庭学習で、長女は国立小学校、次女は国立幼稚園に合格しています。そして、今現在も、毎日、プリントを中心とした家庭学習で行っています。一日も欠かさずに。

この話をすると、大抵、
「すごいね!」「大変でしょ!?」「絶対に真似できない」「私には難しい」「何をすれば良いのか分からない」等々言われるのです。

でも、家庭学習というとすごく大変なことに思われがちですが、実はそうでもないのです。

やるべきことを決めたら、あとはひたすらこなすだけなのです。我が家の長女は、帰宅後すぐに、学校の宿題 → 私が用意したプリント学習 → セブンプラスバイリンガル という流れがすでにできあがっています。

セブンプラスバイリンガルは、簡単!

セブンプラスバイリンガルは、すでに1日ごとにやるべきことが決まっていて、CDをセットしてスタートさせるだけなので、非常に簡単で楽です。しかも、1日分の内容は7分です。

そして、CDのみの英語教材なので、非常にシンプルで分かりやすいです。

高価な英語教材等だと、DVD見せて、テキスト読ませて、問題集をやらせて、とやることがいっぱいで、子供と親の負担が大きかったりしますが、セブンプラスバイリンガルは比べるまでもなく、CDのみの簡単な英語教材です。

毎日やる習慣をつけてしまう

毎日続ける、というのは非常に大変なことも思えるのですが、実は習慣をつけてしまえば楽なのです。

そして現在は、小学校から帰ってきたら、まずは学校の宿題。次に、用意しておいたプリント。最後に、セブンプラスバイリンガルを7分聴くようにしています。

これを一つの流れにしているので、帰ってきたら、すぐに取り組ませるようにしています。子供も分かっているので、抵抗したり、やらずに済ませようとしたり、ということはありません。

集中してやれば1時間ほどで終わるので、そこからは自由時間です。

やらなくてはいけないもの、と設定しているので、本当に特別な理由がない限り、やらない、という選択肢はありません。習慣づけてしまえば、本当に楽なのです。

セブンプラスバイリンガルが続かないのは親が原因

幼児や小学低学年で、親が何も言わずに自らセブンプラスバイリンガルをやる子はほぼ皆無でしょう。

親の声かけは必要なことなのです。そして、やるべきことを用意してあげるのも、まだまだ親の仕事ですよね。

実は、セブンプラスバイリンガルを1週間ストップしてしまったことがある我が家ですが、やっぱり、その原因は母親の私でした。何だかんと理由をつけて、セブンプラスバイリンガルを後回しにしてしまったのです。

でも、これではいけない!子供たちがせっかく興味を持っているのに、私が邪魔をしてしまっている、と反省をして、毎日の習慣に組み入れるようにしました。

1日たった7分、CDのスイッチを押すだけ、これくらいなら、きっと誰でも毎日できますよね。習慣づけてしまうこと、これが本当に本当に重要なのです。

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)を継続して、効果を出す方法

最後に、セブンプラスバイリンガルを継続して、効果を感じる方法について書いておきます。

セブンプラスバイリンガルを1,2ヶ月やったところで、バイリンガルになれるなんてことは絶対にありません。セブンプラスバイリンガルは、毎日毎日聴き続けることで、英語の発音を習得して、英語の基礎を養う教材です。

この英語の発音の習得が一番重要なのです。

そこで、私なりに考えた、セブンプラスバイリンガルを毎日継続して、効果を出すコツをお伝えします。

あれこれ考えずに、毎日CDを流す習慣をつける

セブンプラスバイリンガルは、とにかく毎日続けることが大切なのです。

セブンプラスバイリンガルを毎日続けられない人は、親がいろいろと“やらない言い訳”を考えていることが多いです。

例えば、「効果がないから」「本当にこの内容で英語を話せるようになるの?」「そもそもこの教材を選んで良かったの?」「●●で忙しくできない」「英語を話し始める気配がない」「子供がやってくれない」

などなど、セブンプラスバイリンガルを続けられないいろいろな言い訳が出てくるのです。

これが本当に無意味。

あれこれと何も考えずに、とにかく毎日、CDを流す習慣をつけてしまうことが重要です。我が家の場合は、長女に合わせて、帰宅後学校の宿題→私が用意したプリント学習→セブンプラスバイリンガルと決めてしまって、次女も一緒に聴くようにしています。

この流れを習慣づけてしまっています。

次女はその時間にお昼寝をしてしまっていることもあるのですが、その時は起こしたりはせずに、近くでCDを流してしまいます。そして、違う時に、次女が聴きたがれば、CDをかけてあげるようにしています。

一喜一憂しない

これは、何でもそうなのですが、一喜一憂しないよう気を付けています。

ついつい、上手に出来た時にはこちらも嬉しくなり、ふざけて真面目に聞いていない時にはすぐに怒りたくなってしまうのです。でも、その気持ちをグッと抑えています。

1回1回評価されているような状態だと、子供たちのやる気はそがれてしまいます。また、私の顔色を見て、何かに取り組むようになってしまいます。

ですので、あまりにもふざけていて聞いていない時には注意はしますが、基本はそのまま1日分を流してしまいます。その後に、もう一度聴きたがれば流し直しますし、聞きたがらなければ翌日も同じ内容を流します。

1日や2日で結果が出るものではないので、こちらも一喜一憂しないようにして、毎日続けています。

褒める、褒める、褒める

子供はやっぱり、親に褒められると嬉しいものですし、俄然やる気も出てきます。

なので、褒めて、褒めて、褒めまくります。

「今日の分、きちんと聞くことができたね!」「昨日よりも上手に発音できるようになったね」「●●の発音が良くなったね!」「大きな声で上手に言えたね」「集中して聴くことができたね」、いろいろと褒めます。

ふざけてほとんど聴いていなかったような時には「明日は上手に聴けそうだね!」と言ってみたりします。

一緒にやって頑張る姿勢を見せる

我が家の場合は、セブンプラスバイリンガルで母親の私の英語力もアップさせようとの企みがあるので、姉妹と一緒に私も真剣に聴いて、一緒に発音するようにしています。

我が家に限ったことではないと思うのですが、親が真剣に頑張っている姿を見せることで、子供たちも真剣に取り組むようになるのです。

特に、我が家の姉妹の場合は、ママと一緒にやる、というのが大好きなので、一緒にやって頑張る姿を見せることで、子供たちのテンションも上がります。

また、私が発音できないことや聴き取れなかったことを、長女ができたりすることもあり、そういう時には一気にモチベーションアップにつながります。

画像や動画などで興味を持たせる


セブンプラスバイリンガルは、主人公が世界一周をするストーリーで続いていきます。

また、セブンプラスバイリンガルは、新しい文章を習う時に日本語での説明も入るので、幼児や小学低学年の子でもお話の内容を理解し、イメージすることができます。

ただ、世界中の観光地や習慣など、見聞きしたことないことが多いので、インターネットで画像や動画などを探して見せてあげるようにしています。実際に見ることで、よりリアルに伝わりますし、子供はより興味を持つようになります。

セブンプラスバイリンガルは、ただ単に英語をしゃべるのではなく、そういった外国の文化にも触れることができるので、上手に子供の英語に対する興味を引き上げることができるのです。

塗り絵で息抜き


セブンプラスバイリンガルには、各々の内容に即したイラスト塗り絵がついています。

幼児や小学低学年の場合、英語のCDを聴いているだけだと飽きてしまうこともあります。そこで、塗り絵を渡して、自由に塗らせるようにしています。

息抜きにもなりますし、そのストーリーのイメージを沸かせるのにも役立ちます。

そして、塗り絵には、子供の脳を活性化させたり、集中力を高めたりする効果もありますので、間接的にセブンプラスバイリンガルを続ける上でプラスになります。

我が家の場合は姉妹二人で使ったり、何度も同じものを塗ったりするので、コピーで対応しています。

自然にCD聞き流し

セブンプラスバイリンガルは、35日分、毎日聴くCDの他に、英文のみを収録した聞き流し用のCDも付属しています。

幼稚園や小学校から帰ってきて疲れ果てている時、1日分の英語を一生懸命聴く元気がない時などは、この聞き流しCDをかけて、自然と英語を聴くような環境作りをしています。

おやつの時間や家の中で遊んでいる時にも、BGM的にかけることもあります。

また、車でどこかに出掛ける時にも、このセブンプラスバイリンガルの聞き流しCDをかけるようにしています。

CDをかけると、自然と口から英語が出てきたりするので、その成長に感心します。

悩んだ時には、相談電話を利用!

セブンプラスバイリンガルを続けている中で、「本当にこれで良いのかな?」「こういう時はどうしたら良いんだろう?」というのが結構頻繁に出てくるのです。

そんな時には、セブンプラスバイリンガルの特典についている相談電話を利用するのがおすすめです。

七田式専門スタッフが優しく話を聞いてくれて、的確なアドバイスをしてくれます。

また、相談電話の大きな利点として、相談内容はセブンプラスバイリンガル関連に限定されておらず、育児など何でも相談できるのです。セブンプラスバイリンガルの効果が感じられない時は、実は、他の何かが原因となっていることもあります。子供が友達関係で悩んでいて、セブンプラスバイリンガルに集中できないとか。

そういう時にも相談電話で相談すると、解決までは早くなりますし、一人であれこれ悩んでいるよりも誰かに聞いてもらった方が心が軽くなると思います。

セブンプラスバイリンガル効果なし?3ヶ月目の口コミ まとめ


セブンプラスバイリンガル、我が家で3ヶ月使った口コミです。

3ヶ月間続けてきて、長女は、言いづらい単語もありますが、一通り言えるようになってきました。ほぼ暗記できているところもあります。次女は、1日目の内容を中心に一生懸命練習しています。

姉妹どちらとも、「英語を話したい!」「英語をやりたい!」と前向きな気持ちになっていることが親としても嬉しいです。

そして、セブンプラスバイリンガルは、効果ない!続かない!という口コミが多いのですが、私なりに分析してみると、親に原因があることが多いようです。

でも、セブンプラスバイリンガルはCDのみ、1日7分という非常にシンプルで簡単な英語教育教材です。毎日の習慣にセブンプラスバイリンガルを取り入れてしまうことで、実は楽に毎日続けられるのです。

セブンプラスバイリンガルは、真面目にコツコツと頑張っていけば、必ず英語力が養われます。

セブンプラスバイリンガルの口コミはコチラの記事にも書いてあります
↓  ↓  ↓  ↓