自己紹介:はじめまして。中沢さつきです。

はじめまして。

このブログを書いています、中沢さつきです。
小さい頃から、そして今でも、どこに行っても気づくと、「さっちゃん」と呼ばれています。

地方在住、姉妹の母親をやっています。

このブログについて

このブログは、姉妹のことや私の仕事のこと、日々の生活で楽しかったことなど、思いついたことをあれこれと書いていきます。

長女と次女は、姉妹揃って【附属っ子】。
国立大学附属の小学校と幼稚園に通っています。

また、受験対策期間はたった2ヶ月、しかも家庭学習のみで受験し、無事合格しました。

最近は、英語の学習にも力を入れていて、ブログにもいろいろと書いています。

自己紹介

私の家族は、夫と、娘2人の4人家族です。

それぞれの紹介をしたいと思います。

私のこと

私は、地方在住、アラフォー主婦です。
小学校と幼稚園に通う姉妹の母親であり、在宅ワーカーでもあります。

今、住んでいるところは私の出身地で、高校時代までここで暮らし、大学進学とともに東京へ。
大学卒業後、そのまま東京で就職。一応、有名な大手大企業で仕事をしていました。

30歳を過ぎた頃に、偶然同郷出身の夫との出会いがあり、結婚し、地元に戻ってきました。
それを機に退職し、在宅ワーカーとしてスタートしました。

在宅ワークを選んだ理由としては、仕事も子育ても両方しっかりとやりたいから。
どこかに通勤して働くとなると、やはり、子育てとの両立は難しいです。

その点、大変なことももちろんありますけど、時間や行動が制限されない在宅ワークは、私のライフスタイルにとても合っていて、子育てとの両立もできて大満足です。

また、子供達と遊びに行ったり、国内外に旅行に出掛けたりするのが大好き。
子供達には様々な経験を通して、刺激を受け、大きく成長して欲しいな、と思っています。

多忙な夫

普通のサラリーマンをやっている夫ですが、非常に多忙な毎日を送っています。

平日は、子育ても家事もノータッチとは言わないまでも、なかなかかかわる時間がないのが事実。

その分、休日は、娘たちや私との時間を大切してくれています。
お出掛けや買い物等も、家族揃って出掛けることがほとんどです。

そして、私と同じく、遊びに行ったり、旅行に出掛けたりするのが大好き。
趣味が合うのは大きなポイントです。

スポンサーリンク



附属っ子の長女

長女は、国立大学附属小学校に通っています。

小学校受験を経験し、無事合格しました。
受験を決めたのは、受験日の2ヶ月前。

それから、幼児教室やお受験専門塾には通わず、家庭学習のみで合格。
受験までにこなしたプリントは600枚を超えました。

今では、毎日の家庭学習がほぼ習慣化され、先取り学習と英語の学習に力を入れています。

ちなみに、幼稚園は一般的な私立幼稚園。
国立大学附属幼稚園も受験しましたが、実技は通ったものの、抽選落ちしてしまった過去があります。

ですが、私立幼稚園でも楽しい3年間を通うことができ、たくさんの貴重な経験ができました。

附属っ子の次女

次女は、国立大学附属幼稚園に通っています。

幼稚園受験をし、無事合格しました。
受験を決めたのは、長女と同じタイミングで、受験日のほぼ2ヶ月前。

すでに週3日、幼稚園の未就園児クラスに通っていたため、幼児教室等にも通いませんでしたし、受験対策も特別何もしませんでした。「先生に言われたことをきちんとやること」を言い聞かせ、長女の時の受験内容を参考に、ちょっと家で練習したくらいです。

また、国立幼稚園は、自由保育のため、長女が通っていた私立幼稚園のように一斉保育でいろいろと経験する機会が非常に少ないです。そのため、長女の幼稚園時代を参考に、家では足りないことを補うようにしています。

また、長女と一緒に英語の学習にも力を入れています。

姉妹を附属っ子にした理由

現在、国立小学校と国立幼稚園に通っている娘たち。
姉妹をいわゆる【附属っ子】にしたのには、理由があります。

一番は、数年後に発生するであろう引っ越しです。
まだタイミングは決まっていませんが、引っ越しする予定が発生したのが、受験日の2ヶ月前でした。

幼稚園ならまだしも、小学生になってから引っ越しとなると、学区が異なってしまい転校が生じます。

できれば、それは避けたい。

その時に思いついたのが、国立大学附属に入れることでした。
そうすれば、転校をすることなく通い続けられます。公立校では学区が異なっても、どちらも国立大学附属には入学できる地域なのです。

それから、国立大学附属に対して、元々関心は持っていました。
夫婦ともに教育熱は高めの方で、公立小学校・中学校には一抹の不安を感じていました。

ただ、国立小学校に通うとなると、公共交通機関を使っての通学で子供への負担が大き過ぎると思っていたのです。受験対策も、幼児に課すには大変過ぎると思って考えないようにしていました。

ですので、可能性があるとすれば、中学受験。本人の意志があれば、チャレンジさせる予定でした。

なので、引っ越しの予定が発生しなければ、このタイミングで受験することはなかったです。

結果的に、受験日2ヶ月前に急きょ受験を決めて、バタバタと準備をして受験に臨みましたが、楽しんで受験対策を行い、無事、二人とも合格することができて良かったです。

スポンサーリンク