便秘からくる腹痛の解消法、即効性があるのは?

スポンサーリンク




便秘から腹痛が起きることがよくありますが、即効解消する方法は何でしょうか?

特に、子供が便秘による腹痛で苦しんでいれば、すぐにどうにかしてあげたくなります。

小学生においては5人に1人は便秘に悩んでいると言われており、便秘がひどくなると腹痛を起こすことがあるのです。

そして、便秘による腹痛は夜間に起きることが多いのですが、夜間診療を受けるほどの腹痛の70%が便秘によるもの、というから驚きです。

では、なぜ、便秘による腹痛が起きるのでしょうか?即効解消するにはどうしたら良いでしょうか?

便秘から腹痛が起きる理由

便秘から腹痛が起きる理由についてです。

便秘になっている時の腸は、固い便が停滞し、ガスが充満している状態です。

そして、膨張した腸に蠕動運動が起きることにより、周辺にある臓器である胃や十二指腸などが刺激を受けるために、腹痛が起きるのです。

また、便秘により腹痛が起きる時には、すでにひどい便秘になっていることが多いですので、早急に対応する必要があります。そのまま放っておくと、腹痛だけでは済まずに、吐き気や嘔吐、さらには遺糞症になったりしますので注意が必要です。

便秘による腹痛が、夜間に起きやすい理由


小学生を含む子供の腹痛の30~40%が、便秘による腹痛と言われています。また、夜間診療にかかるほどの腹痛の70%が、便秘によるものとも言われています。

では、なぜ、便秘による腹痛が夜間に起きやすいのでしょうか?

それは、便が作られるメカニズムに関係があります。

便は、夜間の寝ている時に作られています。

というのは、夕食を済ませてから8時間何も食べていない空腹の状態になると、モチリンが分泌されます。モチリンは、十二指腸やその先の小腸上部から分泌される消化管ホルモンの一種で、腸の蠕動運動を促してくれる働きがあるのです。

その腸の蠕動運動が活発した際に、腸内に、便秘によって固くなった便が停滞し、ガスが充満している状態であると、まわりの臓器である十二指腸や胃が刺激を受けて腹痛を起こすのです。

そのため、蠕動運動が特に活発化する夜間に、便秘による腹痛が起きやすくなるのです。

便秘による腹痛を即効解消するには?

便秘による腹痛を即効解消するには、便秘を解消すること、が最も重要です。

「うんちをしたらスッキリした」
「うんちをしたら、腹痛がなくなった」
「うんちが出たら、魔法のように腹痛が消えた」

なんて言う子が多くいます。

では、どうすれば、便秘を即効解消できるでしょうか?

便秘による腹痛を即効解消:病院で受診する、投薬や浣腸で便秘解消

腹痛を度々起こすほどの便秘の場合、便秘が相当悪化していたり、慢性化していたりする可能性があります。

そのため、何日も排便されていないような時には、専門医を受診することがおすすめです。子供の場合、小児科でも良いのですが、肛門科や便秘外来の方が専門的です。便秘の程度によって、投薬や浣腸などの対応がされるでしょう。

また、もしかすると、ただの便秘ではなく、何かしらの病気などにより便秘を発症していることもあるのです。その場合、専門医でないと、見つけられないこともあります。

度々便秘による腹痛を起こしている、便秘が慢性化しているような時には、迷わず、専門医を受診するようにしましょう。

便秘による腹痛を即効解消:水を飲んで便秘解消

水を飲むことで、便秘が解消することがあります。

水を飲むと、腸の動きを刺激することができます。腸の蠕動運動を活発化させ、排便を促すようにしましょう。

また、固くなった便に水分を与えることで、便を柔らかくして排便しやすくします。

この時、水は常温や白湯がおすすめです。特に、白湯であると、血行が良くなり、腸の動きを活発化させることができます。また、冷水でも腸を刺激して便秘を解消する働きがあるのですが、腸が冷えて下痢を起こすことがありますので要注意です。

便秘による腹痛を即効解消:腸をマッサージして便秘解消


腸をマッサージすることで、便秘が解消することがあります。

便秘は腸の動きが鈍っている場合に起こることがありますので、マッサージをすることで腸の動きを活発化させるのです。血行促進にも良いです。

まずは、「の」の字を書くようにマッサージしてみましょう。10~20回やると良いようです。「の」の字のマッサージは腸の動きを刺激するための基本のマッサージです。

そして、軽く押したりもんだりして腸をマッサージしてみましょう。リラックスした状態で行うとより効果的ですので、小さいお子さんの場合は、仰向けに寝かせてマッサージしてあげると良いでしょう。

同時に温めてあげるとより効果的です。寒い冬場などは、カイロや湯たんぽを洋服の上からあててあげるのも良いでしょう。

便秘による腹痛を即効解消:オリゴ糖を食べさせて便秘解消


オリゴ糖を食べさせると、排便を促し、便秘解消に効果が期待できるのです。

実は我が家の次女は赤ちゃんの頃から便秘になりやすい体質なのですが、オリゴ糖を摂ることでスッキリ快便が続いています。

あわせて読みたい

便秘になっている腸内は、悪玉菌が増えてしまって、善玉菌が減っている状態です。そのため、善玉菌を増やすために、オリゴ糖を食べることで便秘解消効果が期待できるのです。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサになる

どういうことかというと、腸内の善玉菌にはビフィズス菌がありますが、オリゴ糖はこのビフィズス菌のエサとなることができるのです。だから、オリゴ糖を摂れば、ビフィズス菌はオリゴ糖をエサとして、腸内のビフィズス菌をどんどん増やしていけるのです。

腸内のビフィズス菌が増えれば、善玉菌が優勢となり腸内環境は改善されますので、腸の蠕動運動が活発化して排便を促すようになるのです。

結果、便秘による腹痛を解消することにつながるのです。

オリゴ糖は食品なので安心!

しかも、オリゴ糖は薬ではなく、食品です。体に害があるものではありません。ただ、オリゴ糖は玉ねぎやゴボウ、バナナなどにも含まれているのですが、その量は少量で、一日の必要量を摂取し続けるにはとても難しいのです。

そこでおすすめなのは、我が家も愛用している、カイテキオリゴなのです。

我が家が3年間愛用している「カイテキオリゴ」の口コミ記事はこちらです
↓  ↓  ↓  ↓

幼児の便秘にオリゴ糖が効く。カイテキオリゴ3年目の理由

便秘からくる腹痛の解消法、即効性があるのは? まとめ


便秘が悪化すると、腹痛を起こすことがあります。

子供だけでなく大人にも起こりうる腹痛ですが、子供の腹痛の30~40%が便秘による腹痛と言われており、夜間にいたっては腹痛の70%が、便秘によるものだそうです。

また、便秘による腹痛を即効解消するには、排便をすることが一番重要です。

あまりにひどい場合は、迷わず専門医を受診しましょう。

そして、今すぐできる方法としては、水を飲ませることと、お腹のマッサージをすること。

それから、便秘による腹痛を根本的に解消するには、オリゴ糖がおすすめです。オリゴ糖の摂取で腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えることで、便秘になりにくい状態を作りましょう。

我が家愛用のオリゴ糖は「カイテキオリゴ」です。
↓  ↓  ↓  ↓

「カイテキオリゴ」の口コミ記事はコチラになります。

スポンサーリンク