マタニティヨガは安産につながるって本当?

スポンサーリンク



マタニティヨガは安産につながるって本当でしょうか?

最近、産院でもマタニティヨガのクラスを開催することが増えているようです。マタニティヨガは普通のヨガと違って、お産上手な体をつくることに重点を置いた妊婦さんのためのヨガです。

では、実際に、マタニティヨガがどういうものなのか、見ていきましょう!

マタニティヨガと普通のヨガって何が違うの?

ヨガというと、体が柔らかい人がするもの、強いストレッチで難しいポーズを決めるもの、というようなイメージを持たれている人が多いかもしれません。

でも、妊婦さんを対象としたマタニティヨガは、普通のヨガとは全く違うもの。普通のヨガのような腹筋を使うポーズやお腹に圧迫をかけるようなポーズはなく、マタニティヨガは妊婦さんの体に負担をかけないソフトなポーズと呼吸法がメインです。

床の上で座ったり横たわったりして行うポーズが多く、椅子やクッションや壁をサポートに使うこともあり、動きは極めてスローで緩やか。

こんなにスローでソフトだと、効果があるのかと思われるかもしれませんが、マタニティヨガで大切なのは、ハードに動くことではありません。呼吸と体の動きを一体化させること、意識を呼吸と動きに集中させること、上手にポーズをとることよりも心と体の一体感が大切なのです。

それに、ソフトに見えてもれっきとした有酸素運動です。続けていけば、徐々に体力がついてきます。

スポンサーリンク



体も硬いし、ヨガ未体験、そんな私でも大丈夫?


多くの人が思い込んでいるのが、これ、「私は体が硬いからヨガは無理」というもの。でも、そんなことはないのです。

体の柔軟性を高めるためにやるのがヨガであって、アクロバットなポーズを決めることがヨガなのではありません。

体の柔軟性は一人一人違います。本に載っているポーズは最終的な完成形くらいに考えて、自分なりに、少しずつでも柔軟度があがっていれば、それはヨガの効果が十分に出ていることになります。

それに、妊婦さん向けのマタニティヨガのポーズは誰でもできる簡単なものばかりなので、体が硬い、体力がない、今までヨガをしたことがない人でも安心して始められます。というか、体力に自信がない人にこそトライしてほしいのがマタニティヨガなのです。

妊娠、出産にはある程度の体力が必要です。ただ、現代のライフスタイルでは、どうしても普段から運動不足になりがちで、女性の体力も昔に比べると落ちてきているようです。

だからこそ、マタニティヨガでリラックスしながら無理なく、自分のペースで体力をつけるのがおすすめです。

マタニティヨガで安産になるって本当?


マタニティヨガで安産になるというのは本当でしょうか?

妊娠すると女性の体は大きく変化します。つわりや腰痛、足のむくみなど体調不良で、引きこもりがちになる人も多いかもしれません。でも、そのままではますます運動不足になって、体力も低下。それでは上手なお産からさらに遠ざかってしまうことになります。

安産のために大切なことは、まず何よりも、適度な運動とリラックス。体に大きな負担をかけることなく、その両方が得られるマタニティヨガは、安産を目指す人に、ぜひ挑戦してほしいものだそうです。

もちろん、マタニティヨガをしたからといって、必ず安産になるとは言い切れません。けれども、マタニティヨガをすることで得られる確かな効果を感じる人が多いからこそ、多くの産院でもマタニティヨガクラスが開かれているのです。

また、安産に欠かせないが骨盤の開きやすさです。マタニティヨガクラスでは、骨盤を開きやすくするための様々なポーズが指導されます。骨盤周辺の筋肉を柔らかくするためのポーズや、骨盤の可動性を高めるポーズでお産上手な体づくりを目指すのも、マタニティヨガの大きな特徴なのです。

このようなことから、マタニティヨガで安産になる、と言われているのです。そして、マタニティヨガは、自分のペースで、無理なく、出産にむけての体づくりができるのです。

スポンサーリンク



マタニティヨガで妊婦特有の体調不良が解消できる?

マタニティヨガをするメリットは安産体質を作ることばかりではありません。長い長いマタニティライフにつきものの、妊婦さんの体調不良を解消する効果も期待できます。

便秘、不眠症、こむら返り、足のむくみ、腰痛、肩こり、必要以上の体重増加など、マタニティ期間中の女性は様々な症状に悩まされています。

そんな妊婦特有の症状の解消や緩和にもマタニティヨガが効果的。

マタニティヨガを行うことで血行がよくなり、それにより、足のむくみや、こむら返りを予防することができます。血行促進と適度な運動は便秘の解消にも一役かってくれます。

また、ヨガには、体の筋肉の緊張を緩めて、柔軟性を高める効果がありますが、これにより妊娠中期から後期にかけて多くの妊婦さんが悩まされる腰痛や肩こりの軽減が期待されます。

さらに、ヨガをすることで、新陳代謝がアップするために、必要以上の体重増加を抑える効果も!

妊娠中期以降に不眠で悩まされる妊婦さんもかなりいるようですが、適度な運動と筋肉の緊張緩和の効果で、症状がかなり軽減したという声も聞かれます。こんな風に、マタニティヨガは、マタニティライフを快適に過ごすためにも大いに役立っているのです。

スポンサーリンク




マタニティヨガは安産につながるって本当? まとめ


・ マタニティヨガは、マタニティライフを快適にし、お産上手な体づくりを目指す妊婦さんのためのヨガです。

・体が硬い人、体力に自信のない人、ヨガ未経験者でも簡単にでき、無理なく自分のペースで続けられます。

適度な運動とリラックス、骨盤を開きやすくするポーズで安産体質をつくります。

・運動不足を解消し、お産に必要な体力づくりになります。

・血行促進、柔軟性アップ、新陳代謝の活性化により、妊婦特有の様々な不快な症状を緩和します。

こんないいことばかりのマタニティヨガ。迷っている方は、案ずるよりも生むが易しです!一度通われている産院や近所のマタニティヨガクラスを訪ねてみてはいかがでしょうか?

ただし、担当医の許可を得てから始めましょうね。

あわせて読みたい

★我が家の姉妹が家庭で実践中!★
胎教から使える!0~12歳対象の七田式英語教材
セブンプラスバイリンガルの口コミはコチラの記事に書いてあります
↓  ↓  ↓  ↓