国立小学校受験の志望理由は何?

スポンサーリンク




国立小学校を受験する志望理由は何でしょう?

国立小学校は、一般的な公立小学校とは異なり、考査や面接、抽選などを経て、合格した子のみ入学が許可 されます。

いわゆる受験をして入る小学校になりますが、どんな志望理由があって、国立小学校を受験するのでしょうか?

実際に、国立小学校に通う我が家の長女の例も出しつつ、ご説明したいと思います。

国立小学校受験の志望理由

国立小学校を受験する志望理由としては、こんなことがあります。

例えば、
・より質の高い教育を受けさせたいから国立小学校
・地域の公立小学校に通わせたくないから国立小学校
・引っ越しの可能性を考えて国立小学校
・父母等が国立小学校卒業生のため
・一番近い小学校が国立小学校

我が子を含め、まわりの国立小学校受験組等からよく聞く国立小学校の志望理由です。

では、一つひとつについて詳しく書いていきたいと思います。

国立小学校で、より質の高い教育を受けさせたい


国立小学校を受験する志望理由で、「より質の高い教育を受けさせたい」と考える方は一番多いだろうと思います。

我が家の場合も、志望理由の一つは、やはり、質の高い教育を受けさせたい、ということでした。

国立小学校は教育実験校と言われており、ある意味、最先端の授業 を受けることができます。また研究熱心な先生方が集まっていますので、必然と質の高い授業 となります。

そして、国立小学校に集まる子供たちは、受験を経て入学資格を得ていますから、ある一定レベルをクリアしていることになります。そのため、理解力や創造力、分析力などが優れている子たちばかりですから授業を受ける子供達の質も高く なります。

当然のごとく、国立小学校は学級崩壊などとはほぼ無縁です。長女に国立小学校の授業中の様子を聞いても、授業中に出歩いていたり、授業を妨害したり、先生の話をまったく聞いていなかったり、という子は皆無です。

実は、学級崩壊やいじめにつながるような行動をしていると、国立小学校は退学になります。国立小学校に入学時点で誓約書に署名をして提出しているのです。そういうこともあり、国立小学校に通う子は、しっかりとしつけや教育している家庭がほとんどです。

また、国立小学校に通う多くの子供達が、「授業が楽しい!先生が面白い!」とキラッキラに輝いた顔で言います。

子供達が楽しく授業が受けられるように、国立小学校の先生方は非常にたくさんの工夫をされているでしょうし、子供達もそれをしっかりと前向きに受けとめているのだと思います。

それから、国立小学校は授業中に手を挙げて発言する子も多いですし、高学年になるほど、大人顔負けの発言を堂々とするようになります。公開授業で、我が子以外のクラスの授業を見学する機会がありますが、数年後にはこんな風な子に育つのかと思うと、親の私がドキドキワクワクしてしまいます。

小学生であっても、国立小学校の子たちはディベートなどもしっかりとこなしますので、それぞれが自分の意見・考えをきちんと持っていて、明確に言葉にできる のです。こういう子が多く集まっていますので、より良い影響を互いにたくさん受けられて、相乗効果につながります。

私が国立小学校の最大の魅力と考えるのは、先生方はもちろんなのですが、国立小学校に集まる子たちの質の高さです。国立小学校は先生と子供達、どちらも質が高いからこそ、質の高い教育が実践できているのだと思います。

地域の公立小学校に通わせたくないから国立小学校志望


一般の公立小学校は、本当にいろいろな人が集まっています。一般社会の縮図と言っても良いと思います。

私自身は公立小学校・公立中学校に通っていましたので、大人になった今、当時の同級生と同窓会などで会ったりすると、本当にいろいろな職業に就いていて、さまざまな生活をしている人たちが集まります。

ですが、だからこそ公立小学校には通わせたくない、と思う親御さんも少なくありません。私自身も、順位の高い国立小学校の志望理由ではありませんが、多少はそういう気持ちがあります。

元々長女が通うはずだった地域の公立小学校は、学級崩壊やいじめなど、特に大きな問題は発生していませんでした。知り合い等に話を聞く限り、普通の公立小学校です。

ただ、授業中に出歩いたり、先生の話を聞いていなかったり、極端に勉強ができなかったり(授業についていけない)、という子たちが少なからずいるようでした。でも、公立小学校ではそれが普通、という感じでした。

それから、長女は極一般的な私立幼稚園に通っていましたので、そこに集まる子供達も多種多様でした。発達障害がある子、乱暴をする子、全く落ち着きがない子、意地悪をする子、仲間外れをする子、本当にいろいろな子がいました。

私が知る限り、この子たちは全員、公立小学校に就学しました。幼稚園で加配の先生が付きっきりでついていたような子も、先生の加配なしの普通学級です。

そういう環境で学ぶということが良いのか悪いのか、私と夫は頭を悩ませました。

実社会にはいろいろな人がいるのだから、公立小学校でいろいろな子たちと交流することが良い、という思いと、学習環境を考えた時にマイナス要素は取り除きたい、もっともっと良い環境で似たような子が集まる環境で過ごして欲しい、という両方の思いがありました。

結果的には、我が家は国立小学校を選び、受験に合格し、入学しました。もし、国立小学校に合格しなければ、地域の公立小学校に通わせました。地域の公立小学校でも良いけど、できれば、国立小学校で過ごして欲しい、という思いからでした。

もし、地域の公立小学校が、学級崩壊をしていたり、いじめが多発していたりというような場合は、より多くの親御さんが公立小学校ではなく国立小学校を志望すると思います。

引っ越しの可能性を考えて国立小学校を志望


将来的に引っ越しの可能性を考えて、国立小学校を志望する家庭もあります。

実は、我が家の場合も当てはまります。数年後に、公立小学校の学区をまたいだ引っ越しをする予定があります。数kmの距離なのですが、公立小学校や中学校に通っていると、転校することになります。

親として、できれば転校は避けたいと考えました。その時に思いついたのが、国立小学校の受験でした。国立小学校であれば、引っ越しをしても、国立小学校の学区内となりますので転校することなく通学可能 です。

国立小学校は、公立小学校よりも広い範囲での通学が許可されていますので、引っ越しの可能性がある場合にも、転校しなくて良い、という利点があります。

それから、国立小学校は、他の地域の国立小学校への転校が可能 です。ただし、長女の通う国立小学校では、東京のお茶の水女子大学附属小学校への転校は不可、受け入れ側に空きがある場合のみ、ということを事前に説明されました。

実際に転校を考えた場合には、各国立小学校に詳細の確認が必要です。いつでもどこでも国立小学校であれば転校可能、という訳ではないようです。

それと、親御さんの仕事の都合で海外赴任に帯同する場合に、数年間日本を離れても、本帰国した際に国立小学校に戻れる、ということもあるようです。これも、各国立小学校で条件等も異なると思いますので、確認が必要です。

転勤族や海外赴任の可能性のある家庭で、継続して一つの私立小学校に通うことが難しい場合、国立小学校を選ぶことも少なくないそうです。国立小学校は全国に70ほどありますので、転勤時にも安心なのかもしれません。

父母等が国立小学校卒業生のため


父母が国立小学校の卒業生という場合、当然のように子供にも国立小学校を受験させる家庭が少なくありません。地方であれば、より強い傾向かもしれません。

地元の有名企業や病院等の比較的裕福な家庭ですと、一家全員が国立小学校出身ということもあります。そのような家庭に嫁いだ友人がいますが、子供を国立小学校に入れなくてはいけないプレッシャーというのもあるようです。

ある種のステータスなのだと思います。

また、国立小学校のPTAで役員として活躍している方たちは、ほとんどが国立小学校の卒業生です。地元企業の二代目三代目の社長や、個人病院の院長、弁護士などが顔を揃えています。

このような方々が表立つことが多いので、国立小学校は富裕層ばかり、社長や医者の子供ばかり、という印象を持たれることも多いですが、実際には私たちのような庶民も多いです。半分以上は庶民だと思います、多分。

一番近い小学校が国立小学校

中には、一番近い小学校が、国立小学校ということで国立小学校を受験される方もいます。

地域の公立小学校よりも近いので、と比較的気楽に受験される方がいる一方で、将来的に国立小学校に入学することを考えて、国立小学校近くに住んでいる方もいます。

大半の子が、国立小学校に通うには公共交通機関を使って、遠方からの通学になりますから、徒歩で通える距離に住んでいるというのは大きな利点 です。

そして、国立小学校に入学が決まった時点で、国立小学校の近くに引っ越す方もいます。

国立小学校の徒歩圏内に住んでいると、実際に入学した後、公共交通機関の定期代などの出費もないし、通学時間が長時間かかることもないし、非常に良いことだと思います。

国立小学校は私立小学校に比べれば安価


もう一つの国立小学校の志望理由です。

それは、国立小学校は、私立小学校に比べると安価、ということです。

小学校受験となると、私立小学校もしくは国立小学校となります。私立小学校に比べると、国立小学校は非常に安価に済みますので、「安価」ということが国立小学校の志望理由にあがります。

子供が成長するほど子供にかかる教育費はあがっていきますので、小学校のうちはできるだけ安価に済むと良いですね。地域の公立小学校が一番安価に済むと思いますが、受験をして小学校に入れるならば、国立小学校はおすすめ です。

国立小学校受験の志望理由は? まとめ

国立小学校を受験する志望理由は下記のようなことがあります。

・より質の高い教育を受けさせたいから国立小学校
・地域の公立小学校に通わせたくないから国立小学校
・引っ越しの可能性を考えて国立小学校
・父母等が国立小学校卒業生のため
・一番近い小学校が国立小学校

そして、小学受験をするにあたり、私立小学校よりも格段に安価に済む国立小学校を候補に入れる家庭も少なくないです。小学受験において、安価に済む、ということも国立小学校を受験する大きな志望理由となります。

スポンサーリンク